鉄分のサプリメントの注意点

サプリメントで鉄分を補給することで、貧血や慢性疲労の対策を講じている人が、知っておくべきことは何でしょうか。 副作用のリスクが鉄分のサプリメントにはあります。 医師に相談しながら摂取量を決めるなどすると安心できます。 鉄分を摂取しすぎると、多すぎる鉄分は肝臓や心臓に送られ、結果的に血液の鉄分が過剰状態になります。 体の中の鉄分が過剰になると臓器に負担がかかる場合があります。 鉄分を摂り過ぎたために、心臓まひや肝硬変が起きる場合があります。 鉄分不足を来していない男性や、生理が止まってからの女性は、鉄分サプリメントは不要だと言われています。 輸血が頻繁に必要な血液疾患の人も鉄分が過剰になっている可能性がありますので、鉄分のサプリメントは控えたほうが良いでしょう。 遺伝による代謝の関係で、鉄分があまり体外に排出されないという人もいます。 鉄分が多くなりすぎると肝硬変や色素沈着が起こりえます。 鉄分のサプリメントを摂取することで腸の調子が悪くなったり、気分が悪くなることもあります。 体調を見ながら、少しずつ使うことが重要になります。 副作用が心配でサプリメントが使えないという方もいます。 心配な人は、規定量の半分から飲み初めて、少しずつ体を慣らしていくというやり方がいいでしょう。 最初から全量を飲んでしまうのではなく、分けて飲むという方法もあります。 鉄分のサプリメントは副作用に注意しながら正しい知識をもって摂取することが重要だといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ