ピーリング石鹸の使い方

実際にピーリング石鹸を使う時に必要なのは、肌の状態を観察しながら適度に行うことです。 肌に負担がかかる場合も使い方を誤ればありますので、弱い酸がピーリング石鹸には配合されているとはいえ注意が必要です。 お肌がつるつるになるからとあまり頻繁に使いすぎると、肌表面のバリア機能が損なわれて肌荒れの原因になります。 ピーリング石鹸を使用する際はあらかじめクレンジング剤などでメイク汚れはよく落とし、ぬるま湯で顔をよく濡らしておきます。 ピーリング石鹸できめ細かな泡を作り、皮膚を泡で包み込むようにその後で乗せていきましょう。 石鹸の泡はつけないようにしたほうが良いのは、皮膚が繊細な口元や目元です。 泡は少しだけ間をおいて皮膚がピリピリしてきてから優しく洗い流すようにしましょう。 ぬるま湯か水ですすぐときはこすらないようにし、顔の水分を吸湿性のいいタオルに含ませるようにして取りましょう。 ピーリング石鹸を使った後は、肌のバリア機能が低下しているため普段以上に気をつけなければいけません。 肌にほてった感じが残るなら、冷やした美容パックや濡れタオルで肌が落ち着くまでクールダウンします。 化粧水をたっぷりつけて保湿し、肌をいたわることも重要です。 特に紫外線に弱い状態ですので日焼け止めや紫外線対策グッズを、ピーリング石鹸使用後の肌は利用するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ