褐色脂肪細胞を利用して美しく痩せる

ダイエットの手段として褐色脂肪細胞の働きを活用するというやり方がありますが、知っておくべきことがあります。 寒い、冷たいという情報は、感官器の1つであるクラウゼ小体に影響が及ぼされた時だとされています。 最も体の中で冷点が多いのは唇ですが、次に皮膚の感覚器が多いのが手です。 手からの情報は脳へたくさん伝わりますので、手の冷点が刺激されることで、脳は体が寒い状況にあると判断します。 そのため、寒さで体温が下がらないよう、褐色脂肪細胞の働きを高めます。 そのため、中に水を入れて凍らせたペットボトルを持つことで、脳に刺激を与え褐色脂肪細胞の働きを強化するわけです。 人体にはミトコンドリアという器官があり、褐色脂肪細胞が働くと体脂肪はミトコンドリアまで運ばれます。 脂肪はミトコンドリアで分解される過程で熱を作り出します。 脂肪をエネルギーに分解するために、褐色脂肪細胞にある豊富なミトコンドリアが役立ちます。 けれども、ミトコンドリアはエネルギーだけでなく活性酸素も生成します。 活性酸素は安定した状態になろうとしてたんぱく質や脂質などの他の物質化学変化をおこしやすいものです。 化学変化を起こすとき酸化反応が引き起こされてしまうのです。 活性酸素による酸化は美容や健康に悪影響を及ぼすものです。 体内の活性酸素を減らすには、抗酸化作用の強い栄養素を摂取することです。 ビタミンCやポリフェノールが抗酸化物質の代表格です。 褐色脂肪細胞を利用して効果的なダイエットをするためには、抗酸化作用のあるビタミンCやポリフェノールの補給も大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ