脱毛器の選び方

最近は、家庭用脱毛器の人気が高まっています。エステサロンに通うのではなく、手軽に使用できる家庭用脱毛器を使用して脱毛をする方が、それだけ増えているということですよね。家庭用脱毛器は、いくつかのメーカーから発売されていますので、その中で最も満足できる商品を購入するためにも、脱毛器の選び方についてご紹介しましょう。

脱毛器を選ぶ上で大切なのが安全性です。脱毛方法にもよりますが、場合によっては色素沈着を起こしたり、炎症を起こしたりといった肌トラブルを起こす可能性があります。だからこそ、なるべく安全性が高い商品を購入した方が、トラブルが回避できるのですね。

たとえば、冷却機能が備わっている、光の照射面が直接お肌に触れないといった工夫がされている商品もありますので、そのような特長のあるものを選んでみましょう。

また、フラッシュ脱毛の場合には、照射面の広さも大切です。照射面が広いということは、それだけ脱毛にかかる時間が短くて済みます。脚や手というのは、脱毛をする範囲も広いため、照射面が広い方が嬉しいですよね。

本体価格が安かったとしても、消耗品が高ければ、結果的に掛かる費用が高額になってしまう可能性がありますので、消耗品の購入が必要か、どのくらいの期間で交換しなければならないのかということも確認しておきましょう。最初に把握せずに購入してしまうと、途中で消耗品を購入するのが嫌になってしまい、脱毛器自体を使わなくなってしまうかもしれません。お金を無駄にしないためにも、このようなことに注意をして、脱毛器を選んでみましょう。

シェーバー脱毛器の長所と短所
家庭用脱毛器の一つに、シェーバー脱毛器というタイプがあります。シェーバー脱毛器には、カミソリのように剃るタイプもあれば、毛抜きのように抜くタイプもありますので、自分の好みに合わせて選ぶことができますね... 記事の続きはこちら
サーミコン式脱毛器の長所と短所
家庭用脱毛器の中には、サーミコン式脱毛器もあります。サーミコン式脱毛器の長所としては、ほとんど痛みを感じることなく、ムダ毛を処理することができるという点が挙げられます。ムダ毛に直接熱線が触れることによ... 記事の続きはこちら
レーザー脱毛器の長所と短所
家庭用脱毛器として、レーザーを利用したレーザー脱毛器もあります。レーザー脱毛器の長所としては、レーザーを照射することにより、毛根の機能を破壊することができるため、お肌にかける負担が少なく、一気に広範囲... 記事の続きはこちら
フラッシュ脱毛器の長所と短所
家庭用脱毛器の中でも人気が高いのがフラッシュ脱毛器ですが、どのような長所があるかというと、光を照射することにより脱毛ができるため、痛みが少なくて済むという長所が挙げられます。力によって毛を抜くわけでは... 記事の続きはこちら
脱毛をカミソリで行う場合の注意点
短時間で手軽に脱毛をする場合、カミソリを使用することもありますよね。カミソリは確かに便利ですが、その反面、お肌に掛かる負担も大きくなってしまいます。カミソリの刃をお肌に表面に滑らせることになるため、お... 記事の続きはこちら
ノーノーヘア
短時間で手軽に使用できる家庭用脱毛器として、ノーノーヘアがあります。ノーノーヘアは、テレビや雑誌でも紹介されているため、ご存知の方も多いでしょう。ノーノーヘアは、カミソリのように、お肌の上を優しく滑ら... 記事の続きはこちら
ラヴィ
エステサロンでの脱毛を検討されていた方は、家庭用脱毛器だと充分な効果が得られないのではないかと思うかもしれません。しかし、脱毛器であるラヴィは、エステサロンでも導入されている光IPL脱毛を採用しており... 記事の続きはこちら
センスエピ
家庭用脱毛器の一つに、センスエピという商品があります。センスエピは照射面が広く、2cm×3cmとなっていますので、非常に使いやすく、短時間で脱毛が完了するというメリットがあります。その上、ハンドピース... 記事の続きはこちら
シェーバー脱毛器
剃るタイプのシェーバー脱毛器の場合は、脱毛に掛かる時間や手間が掛からずに済むと言えます。カミソリのように、手で動かす必要が無く、機械が自動的にムダ毛をカットしますから、カミソリよりも安全性が高い上に、... 記事の続きはこちら
サーミコン式脱毛器
サーミコン式脱毛器に掛かる手間や時間についてですが、サーミコン式の場合は、短時間でムダ毛を処理できるという特長がありますので、時間や手間が掛からずに済むと言えるでしょう。サーミコン式脱毛器は、非常にコ... 記事の続きはこちら
レーザー脱毛器
レーザー脱毛器に掛かる手間や時間はどうなのでしょうか。レーザー脱毛器は、ニードル脱毛や毛抜きでの脱毛のように、毛穴1つ1つに対して処理するのではなく、お肌の表面にレーザーを照射し、毛根組織を破壊すると... 記事の続きはこちら
北海道
秋田県
岩手県
青森県
山形県
福島県
茨城県
神奈川県
宮城県
千葉県
埼玉県
栃木県
東京都
群馬県
石川県
長野県
新潟県
富山県
山梨県
福井県
三重県
静岡県
愛知県
岐阜県
兵庫県
京都府
奈良県
大阪府
滋賀県
和歌山県
広島県
岡山県
島根県
鳥取県
山口県
香川県
高知県
徳島県
愛媛県
鹿児島県
熊本県
宮崎県
長崎県
大分県
佐賀県
福岡県
沖縄県

このページの先頭へ