ムダ毛処理で起こる肌トラブル

ムダ毛処理は少なからず肌にダメージを与えてしまうので、トラブルも付き物です。正しい処理を実践していても、トラブルは起こります。ムダ毛処理が引き起こす様々な肌トラブルについても頭に入れておきましょう。
カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理は最も一般的ですが、その際に注意したいトラブルが、埋没毛です。新しく生えてくるはずの毛が皮膚の中に埋もれてしまい、表面に生えることが出来なくなった状態です。
これは、ムダ毛処理の際に皮膚を傷付けてしまうことにより起こります。新しい毛が生える前に傷付いた皮膚が再生され、毛穴を塞いでしまうのです。毛が中に閉じ込められるので、炎症が起きて痛みを感じる場合もあります。埋没毛が出来やすい人は、肌に傷を付けないよう、優しく処理することを心がけましょう。
次に多いトラブルが、毛嚢炎です。これはニキビや吹き出物と似たようなもので、毛穴が腫れて化膿してしまうトラブルです。一般的に、顔以外の身体に出来たものを毛嚢炎といいます、
毛嚢炎もニキビと同じく、痕が残ってしまうことがあります。これは炎症性色素沈着と呼ばれるもので、シミや黒ずみの原因にもなってしまいます。毛嚢炎が出来てしまったら、痕を残さないために早めに治療を行いましょう。
毛嚢炎の治療は、ニキビや吹き出物と同じようにケアを行います。しかしあまりに化膿が酷い場合は、皮膚科に相談しましょう。もしシミや黒ずみが出来てしまったら、美白作用のある化粧水などを使ってケアしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ