足脱毛は医療機関やエステサロンで施術してもらうのが確実

肌にかかる負担が大きくない足脱毛は、医療機関・エステサロンなどで施術してもらうのが確実です。
エステサロンだと、技術を習得した専門スタッフが足の脱毛を行いますが、毛根の除去ということは医療行為にあたるため行えません。
このことから、エステサロンにおいては、一般的に一時脱毛もしくは光脱毛が実施されているのです。
光脱毛はIPL脱毛という呼称が用いられ、このやり方は光をあてることで足脱毛を施します。
用いるのがレーザーとなれば医療行為に及んでしまうので、エステ用に開発されたのがこの脱毛です。
IPLはレーザーと照らし合わせて光の強さが抑えられており、フィルターを使うことで、基準値の波長よりも短い状態のものを焼き切るという脱毛の内容になります。
この脱毛法は、脱毛の範囲に従って変わってきますが、一か月に一回程度のペースでIPLをあて、大体五回行って足脱毛完了に向かっていきます。
エステサロンごとに違いはありますが、脱毛が終了しても何年かは補償期間を設けており、再度脱毛をしてくれたり相談を受けてくれるサロンもあります。
加えて、このIPL脱毛は、エステサロンによって永久脱毛と宣伝しているところもあるのです。
脱毛が済んだ後は、発毛なしという人もいますが、毛根自体を断ち切ることは認められていないため、再度薄くではありますが毛が伸びてくることがあるでしょう。
しかしながら、発毛してきても細い毛で、産毛ぐらいで済む割合が高いとのことです。
IPLは光ゆえ、光力の設定をしなければ火傷となってしまいますから、エステティシャンは注意しつつ脱毛を進めていきます。
危険がないようにと光の出力を下げ過ぎると、脱毛がなかなか進まずにエステサロンを訪れる頻度を高くしなくてはいけなくなります。
脱毛の料金やエステの仕組みをまずちゃんと把握して足脱毛を行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ