ムダ毛が増える病気とは

多毛症という病気をご存知ですか。これは女性に見られる病気で、胸や太ももの内側など、一般的に女性には生えない箇所にまで毛が生えてしまいます。普通の女性と比べてムダ毛が濃く、処理範囲も広すぎると感じているなら、多毛症の疑いがあります。
多毛症の症状は、2つに分かれます。1つは特発性多毛症、もう1つは続発性多毛症と言われるものです。違いを簡単に言えば、特発性多毛症は原因が分からないもので、続発性多毛症は原因がはっきりしているものです。
続発性多毛症の原因は、主に卵巣の異常です。他に薬の副作用が原因の場合もあります。これらの他にも様々な原因がありますので、疑いがあれば1度婦人科の医師に相談してみることをおすすめします。
女性特有の病気であるため、医療機関は婦人科を受診しましょう。多毛症を専門に診察してくれる婦人科もあります。一般の内科では、多毛症に関する知識がなく、診察してもらえない場合もありますので、注意しましょう。
万が一多毛症であっても、余計な心配は不要です。ムダ毛の処理は普通の人と同じように処理出来ます。ムダ毛は処理すればするほど濃くなってしまうとも言われますが、実際は正しく処理すればそのようなことはありません。ためらわず処理してしまいましょう。
多毛症の治療は、主に除毛療法です。ムダ毛を少しずつ除毛していきます。これに飲み薬も加え、薬の効果と合わせて治療を行う場合もあります。
薬を使うとムダ毛を抑える効果は高くなりますが、注意したいのが保険が適用されないということです。費用は全額自己負担となりますので、覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ