毛抜きでムダ毛を処理する際の正しい方法

毛抜きでのムダ毛処理は、処理跡が残らずきれいに見せられることから、多くの女性が実践している処理法です。しかし、いくつかのリスクを伴う処理でもありますので、注意しましょう。
まず挙げられるのが、痛みを伴うことです。ムダ毛を引っ張って毛根から抜いてしまうので、どうしても痛みを感じます。
カミソリなどでムダ毛を剃る場合は、刃を滑らせて表面の毛を剃り落とすだけなので、痛みを感じません。カミソリの刃は皮膚表面に多少のダメージを与えますが、カミソリ負けが気にならなければ問題ありません。痛みに弱い人はカミソリを使って処理する方が賢明です。
毛を抜くことは身体にとって少なからず刺激になりますが、正しい方法を実践すれば毛抜きでも問題なく処理出来ます。トラブルになりにくい正しい方法をご紹介しましょう。
まず、毛抜きを使う前に、ハサミやシェーバーでムダ毛を短くカットします。およそ5mm程度の長さに整えておきましょう。
毛の長さを整えたら、いよいよ抜き始めます。抜く前に、あらかじめ毛穴を広げておくと、痛みを抑えることが出来ます。
毛抜きでムダ毛を掴んだら、抜く方向に皮膚を引っぱりながら抜くとスムーズに出来ます。毛抜きの場合もカミソリと同じく、毛の流れに沿って抜くようにしましょう。逆らって抜いてしまうと、毛が切れてしまい、きれいに処理出来ません。
抜いた後は、冷やしてアフターケアをすることも忘れずに行いましょう。毛を抜いた直後の肌は、怪我をしたときと同じく、血の流れが盛んな状態になります。濡れタオルなどでクールダウンさせ、皮膚を落ち着かせてあげましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ