覚えておきたい顔のムダ毛処理方法

つい見過ごしてしまいがちなのが、顔のムダ毛処理です。メイクのノリが良くなるので、女性なら是非こまめに処理しておきたいところです。
顔のムダ毛処理も、他の部分と同じくカミソリやシェーバーを使って処理します。顔の皮膚は体に比べると薄いので、カミソリの扱いには十分注意しましょう。少しのダメージがトラブルに繋がってしまいます。
ムダ毛処理をする前に忘れてはいけないのが、剃る部分を柔らかくすることです。蒸しタオルを顔に乗せて十分に温めてから処理を開始しましょう。
毛穴が開いて柔らかくなったら、シェービング用のクリームやジェルを塗り、ムダ毛を剃っていきます。顔用のカミソリやシェーバーを使うと、スムーズに処理することが出来ます。顔のムダ毛は細いうぶ毛なので、毛抜きは適していません。
刃は毛の流れに沿ってゆっくりと動かします。このとき、肌を傷付けないよう角度に注意し、剃る場所によって調整していきます。片方の手を使って皮膚を伸ばすと剃りやすくなり、肌へのダメージを防ぐことが出来ます。
まず額から始め、こめかみ、頬、フェイスラインの順に処理していきましょう。広い部分から剃り始め、狭い部分は最後にするのが基本です。フェイスラインまで出来たら、最後に鼻と口の周りを処理しましょう。
剃りにくい部分は、カミソリが動かしやすくなるよう工夫します。例えば頬は、舌を使って膨らませると剃りやすくなります。
注意したいのが、髪の生え際やもみあげ部分の処理です。生え際やもみあげまで剃りすぎてしまうと不自然な印象になってしまいます。ギリギリのラインでとどめておくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ