ムダ毛にも大切な役目がある

女性にとって、ムダ毛は厄介な存在です。ファッションやメイクの邪魔にもなるので、処理に頭を悩ませる人も少なくありません。どれほど処理しても生えてくるのは何故なのでしょうか。
そもそも、人間の身体構造に無駄なものはありません。ムダ毛も身体を維持する上で何らかの役割があるのです。
人間以外の動物を想像してみて下さい。身体中毛で覆われている動物ばかりですよね。これには寒さや暑さから身を守る役目があります。
人間の毛にも同様の役割があります。1番太い髪の毛は、日差しから頭を守る働きがあります。同じように、体毛も身体を日光の紫外線から守る働きがあるのです。
そのため、ムダ毛を処理してしまうと直接紫外線を受けてしまい、日焼けしやすい肌になってしまいます。紫外線が活発になる5月から10月頃までは、紫外線対策を怠らず日焼けに注意しましょう。
また、ムダ毛が抑えてくれるのは紫外線だけではありません。日常生活の様々なトラブルから皮膚を守る働きがあります。
例えば、わきの下は密着度が高く、摩擦が起きやすい場所です。そこで、毛で覆うことによって摩擦によるダメージから皮膚を守ります。さらに意外なことに、他の動物と同じように、人間も身体の毛によってあらゆる感覚を察知する機能が備わっているのです。
見た目を気にしてつい処理してしまうムダ毛も、それぞれの役割を担っています。やみくもに処理する前に、ムダ毛の役割も頭に入れておく必要があると言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ