手軽できれいに処理出来る毛抜き

毛抜きによるムダ毛処理は、最もオーソドックスな方法です。毛根から処理するので、毛のない状態を数週間に渡って維持することが出来ます。処理回数が少なくすむのがメリットの1つです。
カミソリで処理をすると、どうしても皮膚の奥の毛が残り、黒い斑点のように浮き出てしまいます。しかし毛抜きで毛を抜いてしまえば、このような跡が残らず、見た目もきれいです。
毛抜きの場合、処理回数は減っても、ムダ毛を1本ずつ確認しながら毛抜きで掴んで処理していくので、処理時間は自ずと長くなります。毛抜きでのムダ毛処理は、数週間に1度じっくりと時間を取って処理出来る人におすすめです。
注意しなければならないのは、炎症や毛の埋没です。皮膚の奥まで生える毛を無理に引き出して抜き取るので、時にはトラブルに見舞われることもあります。炎症を起こしてしまわないよう、強引に抜くことはやめましょう。
埋没毛とは、皮膚の中に埋まったまま成長してしまった毛のことです。毛抜きで皮膚を傷付けることにより起こります。皮膚が治癒する際に新しく生えた毛の毛穴を埋めてしまい、そのまま毛を包んでしまう現象です。
埋没毛を処理するには、埋もれている部分の皮膚を小さく切開してから抜かなければなりません。当然肌にも大きな負担がかかってしまいます。埋没毛を処理する際は、皮膚トラブルを避けるため、処理後に傷薬を塗りましょう。
毛抜きでの処理は、炎症に注意すれば手軽できれいに仕上げることが出来ます。毛抜きは100円ショップでも買えますが、中には1000円以上もする高機能なものも発売されています。自身の手に合ったものを選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ