脱色でムダ毛を薄く目立たなくしよう

脱色は、毛をなくすのではなく、ムダ毛の色素を薄くして目立たなくさせることです。毛自体は残ったままですが、抜いたり剃ったりしてムダ毛をいちいち処理をする手間が省けます。腕や脚など、広範囲で細い毛が生えている箇所にぴったりの方法です。
脱色する際は、専用のブリーチ剤を塗り、毛の色素を抜いて金色にします。1度の施術で薄く出来るものもありますが、中には置く時間によって色を調整出来るものもあります。初めて行う場合は、短時間から始めて様子を見るのも良いですね。
脱色剤は、毛の色素を抜くために非常に刺激的な成分が含まれています。そのため、肌に与えるダメージも大きいです。使用方法を必ず厳守し、規定された時間を超えて放置することは絶対にやめましょう。
また、敏感肌の人はトラブルを起こす可能性もありますので、注意して使用しましょう。脱色剤を選ぶ際は、出来るだけ低刺激のものを選ぶことをおすすめします。
1つ注意しておきたいのが、脱色はムダ毛を永久に目立たせなくするものではないということです。新しく生えてくる毛は通常の黒い毛です。そのため、黒い毛を再び目立たなくさせるために定期的に施術する必要があります。
また、ワキなどの濃い毛が生える箇所には、脱色は出来ません。毛の太さも人によって様々なので、施術の際は説明書に記載されている目安時間を守るようにしましょう。毛が太く濃い場合は、様子を見ながら、使用時間の範囲で調整することが必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ