足のレーザー脱毛

とりわけ足の脱毛としてレーザーを使う脱毛は人気です。
このレーザー脱毛とは、毛根破壊を行って脱毛するというやり方なので永久脱毛にあたります。
そのため医療行為とみなされ、医者のいる医療施設でレーザーを使っての脱毛がされます。
この医療機関はというと、主に皮膚科や美容外科でレーザー脱毛をしてもらえます。
レーザーというのは意図的に作り出された光の一つの種類で、同じ系列の光が集まることにより強いエネルギーを発生させます。
それにより、毛の中にあるメラニンを熱して、毛根を根元から焼くことで脱毛を行います。
レーザーを駆使しての脱毛は、2か月に2回か3回という度合いで毛周期を見計らってなされます。
毛には休止する時期があって、このような時期は毛は出てこないため脱毛をすることが難しいのです。
それに電気を用いての脱毛と比べると、一回の脱毛時間は短くなります。
とりわけ、足の脱毛において皮膚が敏感な箇所が広範囲に及ぶので、それぞれで変わりますが、脱毛のときに痛みを覚える人がわりといるようです。
肌には跡ができず、なおかつ永久に発毛しないので、足の美しさを維持できますが、皮膚の中に少し炎症を生じるという人もいます。
皮膚が弱い場合は、ちゃんと医療機関で聞いた上でレーザー脱毛の施術を受けましょう。
また、脱毛が済んでから肌トラブルが生じたとしても、医療機関であるためすぐに治療を受けられるのもこのレーザー脱毛の良さになっています。
その他、レーザー脱毛は光を用いますので、紫外線の強い夏は避けるのが良いと言われています。
足脱毛については特段、足が日光にさらされることで紫外線が皮膚に負担をかけるので、対策を強化しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ