医療機関やエステでの足脱毛

足のむだ毛についての悩みを持つ人は相当数いますが、足を清潔に見せたいのであれば脱毛することは絶対に必要でしょう。
足の脱毛においては色々な方法があるので、自分にぴったり合う手法を選び上げるといいですね。
はじめに、大別して自宅で行う脱毛と医療機関やエステなんかでやってもらう脱毛が存在します。
自宅において実践する脱毛は、気軽に都合のいい時間に行えるのが良い点です。
毛抜きやカミソリなんかを用いたり、脱毛テープやワックスを活用するやり方があるでしょう。
出費が少なく済むのが魅力的ですが、皮膚にとってはダメージが大きいです。
ダメージが毛穴に与えられ、抜いたところが赤くなってしまい、跡がなかなか消えてくれなくなってしまうのです。
一方、専門機関で行う足の脱毛は、医療機関やエステで実施するものです。
医療機関というのは美容外科・皮膚科のことですが、皮膚科ならどこでも脱毛をやっているという話ではありませんので、事前に確認をしましょう。
エステサロンと医療機関で執り行う脱毛の仕方は違いがあります。
エステでは、IPL脱毛という光線を駆使した脱毛がとても多いでしょう。
また、医療行為にあたる毛根の破壊は行えないので、色々なやり方で足脱毛をやっているのです。
けれど、肌のトラブルが起こった時に、治療が行えないというのが欠点です。
医療機関では、医療行為を基にレーザーや電気を使用する脱毛が実施されていて、痛みは出ますが、大体の傷は消えてしまうのが利点といえます。
そうはいっても、保険が適用にならないことがほとんどなため、エステサロンと比較して割高になる場合もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ