背中のムダ毛を処理する方法

夏になると、背中のあいた服を着る機会も多くなります。露出が増えると気になるのが、背中のムダ毛です。自分で処理するのが難しい箇所ですが、夏が来る前に1度確認しておくべきだと言えます。
背中のムダ毛は、電気シェーバーを使って処理するのがおすすめです。実際に見る事が出来ず、手も思うように動かせないので、カミソリでの処理は止めた方が無難です。肩甲骨部分は特に処理がしにくいので、刃を滑らせて怪我をしてしまう危険があります。
ムダ毛を処理する際は、まず毛の流れを確認しましょう。ムダ毛処理の原則は、毛の流れに沿って剃ることです。背中の処理も同じです。
まずうなじから背骨の真ん中にかけての毛は、首筋から下に向かって生えています。首筋は上から下に向かってシェーバーを動かしましょう。うなじからお尻にかけて、まっすぐ処理していきます。
次に肩甲骨付近です。この部分は、肩甲骨を中心に、背骨、肩とそれぞれ分かれて生えています。肩甲骨から真ん中を処理し、さらに肩に向かって処理していきましょう。
処理する際は、利き手でシェーバーを持ちましょう。肩甲骨付近を処理する際は、右半分は左手、左半分は右手ですると上手く処理出来ます。
背中のムダ毛処理は、少々鳴れが必要ですが、コツを掴めば簡単に処理することが出来ます。初めてチャレンジする際は難しく感じるかもしれませんが、何度も練習して慣れることが大切です。
シェーバーが難しい、また面倒だと感じるなら、脱色剤を使って処理することも出来ます。処理する手間を省きたいならこちらを試してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ