子供のムダ毛処理方法

子供のムダ毛は、基本的には大人と同じように処理します。しかし、無理に処理する必要はありません。子供が希望するときに処理してあげる程度で構いません。
子供の肌は大人よりも柔らかくデリケートなので、カミソリなどの刺激には敏感です。処理する際はアフターケアも怠らないようにしましょう。
また、じっとしていられない子供は、処理中も動き回ります。不測の怪我にも注意しなければなりません。特に処理を嫌がる子供を無理に押さえつけて処理することは危険なので、やめましょう。
ムダ毛処理をする前に、まず処理中は何故動いてはいけないのかということを教えましょう。ただ「危ないから」とだけ言っても、何故危ないのかが分からなければ、子供は動き回ります。動いたらどんな怪我をしてしまうのかをきちんと理解させることが重要です。
もし抑毛剤を使う場合、子供の肌にも使えるかきちんと確認しましょう。効果が強く子供の肌を痛める恐れのあるものもあるので、注意が必要です。
子供にとって、ムダ毛はデリケートな問題になります。中にはムダ毛を恥ずかしく思い、悩む子供もいます。ムダ毛に悩み、カミソリの使い方も分からないまま1人で処理し、怪我をする子供も少なくありません。
例えばスカートや半袖など、肌を露出する服装を嫌がる様子は見られませんか。このような変化があれば、ムダ毛に悩んでいる可能性があります。注意深く観察し、悩みを察してあげることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ