カミソリを使う際に注意しておきたいこと

短時間で手軽に出来るムダ毛処理と言えば、カミソリです。手軽さに加え、毛抜きで抜くときのような痛みもないので、広く親しまれているムダ毛処理法です。痛みに弱く、こまめなお手入れが苦にならないなら、カミソリを使った処理がおすすめです。
カミソリは、処理する箇所に合わせて様々な種類があります。足や背中などの広範囲用と、ワキなどの狭い範囲用と分けて揃えておくと便利です。
毛根から処理する毛抜きとは違い、カミソリは皮膚表面のムダ毛を剃り落とすだけなので、毛根自体は皮膚の中に残ります。そのため、すぐに新しい毛が生えてしまいます。こまめに処理しなければならないことがデメリットだと言えます。
さらに、カミソリで処理した後のムダ毛は、触れるとチクチクします。これは毛の先を剃ることにより、毛の断面が太くなってしまうからです。これらは肌触りも悪く不快なので、常に処理し続けないといけなくなります。
また、カミソリの刃は少なからず肌にダメージを与えてしまうことも頭に入れておかなければなりません。刃を直接当てるので、ムダ毛と共に肌表面の角質も落としてしまいます。
そのため、頻繁にカミソリを使ってしまうと、肌表面が黒ずんでしまいます。敏感肌の人は処理回数を抑えるように注意しましょう。
便利さからつい多用してしまうカミソリですが、間違った使い方は肌トラブルの原因になるということをしっかり覚えておきたいですね。処理する際は、正しい使い方を心がけ、肌を痛めないように注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ