ムダ毛処理が肌に与えるダメージ

ムダ毛を処理すると、どうしても肌へ負担を与えてしまいます。しかし、処理方法によっては負担を最小限に抑えることが出来ます。出来るだけ負担の少ない方法でムダ毛処理を行いましょう。
数あるムダ毛処理方法の中で、最も肌への負担が大きいのが、脱色や脱毛クリームなどの薬剤を使った方法です。毛を溶かしたり色を抜いたりする成分は、肌にも少なからずダメージを与えてしまいます。カミソリなどに比べ、手軽できれいにムダ毛を処理出来る方法ですが、敏感肌の人は肌トラブルを起こす恐れがあるので、おすすめ出来ません。
毛抜きでムダ毛を抜く方法も、注意が必要です。肌への直接的なダメージは少ないですが、毛穴に大きな刺激を与えてしまうことになるので、人によっては毛穴が腫れてしまうことがあります。毛抜きを使った後、痛みが治まらなかったり赤く腫れるようなことがあれば、今後この処理は避けるべきです。
カミソリを使った処理は最も一般的ですが、これも注意したい処理法です。刃が肌に与えるダメージは大きく、頻繁な処理は肌荒れや乾燥肌の原因となります。カミソリを使う際は、必ずシェービングクリームなどを使い、アフターケアも忘れず行うようにしましょう。
どのような処理法が自分に合っているかは実践してみないと分からない部分もありますが、試していくうちに自分にとって最適な処理法が見つかるはずです。肌質にも注意して、自分にとって1番負担の少ないムダ毛処理法はどれか、見極めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ