褐色脂肪細胞を活性化させる方法

最近は、褐色脂肪細胞の働きを活発にするダイエットが関心を集めていますが、どうすれば褐色脂肪細胞の働きが高まるのでしょう。 褐色脂肪細胞は、寒さを感じると体温を上げるために働きを強めます。 体に寒さを実感させることが、褐色脂肪細胞を動かすコツです。 水を入れて凍らせたペットボトルをにぎって手を冷やしながら運動するのがおすすめです。 冷たいペットボトルを握ります。 次に手は平泳ぎをするようなイメージで腕を回しながら、首を前後に動かしてみましょう。 一通りの運動が終わったら、手は湯につけた温めます。 全部で5セット行います。 シャワーの温度切り替え機能を使って、褐色脂肪細胞を刺激する方法があります。 30℃と40℃の湯を交互に5回ほど、首にかけます。 首には褐色脂肪細胞がありますので、その部分をシャワーで刺激します。 1回に湯をかける時間は30秒ほどで十分です。 シャワーの温度を急激に変えると血圧が変動するため、心臓や血管に負荷がかかってしまう人もいます。 心臓疾患のある人や高血圧の人、高齢者などは医師に相談してから行ってください。 冬場は冷たい水が負担になる場合もあるので水温を上げるなど無理をしないようにしましょう。 温度の低いシャワーを浴びることと、体がもともと冷えていることは意味が違います。 褐色脂肪細胞は冷え症なら活動するかといえば、そうではありません。 褐色脂肪細胞の働きをダイエットに有効に活用していきたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ