切らないワキガの治療方法

ワキガの治療には、汗をかかないよう薬を注射する方法や、メスを入れずに電気で汗腺を壊す方法などがあります。 神経からの信号をブロックすることでしわの治療などにも使われているボトックスは、ワキの汗を減らすことができるとされています。 ボトックスを脇の下に注入するだけで、ワキガの原因である臭いのある汗を抑える事ができるのです。 ボトックス注入という治療方法は効果が持続しません。 定期的にしなくてはいけないというデメリットがあります。 ワキガ治療の1つに、インフォレーゼ法という方法があります。 薬液をひたしたガーゼをワキの下にあて、電気を流します。 ワキガ治療が順調にすけば、アポクリン汗腺もエクリン汗腺も閉じさせることができます。 ワキガの臭いがしなくなるように、臭いの源であるアポクリン汗腺に電気を流すという電気分解法もあります。 汗腺に針を入れて、高周波の電気を通すという治療方法です。 全てのアポクリン汗腺に1つずつ針を刺し、電気を通すという、時間のかかる治療方法です。 麻酔が使えないエステなどの場合は痛みが伴うといったデメリットがあります。 皮膚を切らないワキガ治療もいくつか種類があります。 短時間で終わるワキガ治療や、痛みがほとんどない治療の場合、永続的な効果はなく、しばらくすると元に戻ってしまったりします。 ワキガ治療について調べる時には、様々な角度から情報収集をして内容をチェックしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ