ピーリング石鹸の濃度

成分としてピーリング石鹸に使われているものあは、フェノール酸、サリチル酸、グリコール酸や乳酸などのフルーツ酸などだそうです。 ピーリングの強さを決めるのは、酸の濃度です。 エステや美容外科、皮膚科では20%~50%のフルーツ酸や20%程度のサリチル酸が使われています。 家庭で使うピーリング石鹸は1%未満~5%程度で、効果は控えめですが刺激が少なく、週に1回から2回の使用が可能です。 ボディケアにも使えるのが、比較的効果の強いピーリング石鹸です。 低刺激のピーリング石鹸では物足りなさを感じる人、脂性肌でにきびがなかなか消えない人、背中のにきびや二の腕のブツブツが気になる人にぴったりです。 最近はその一方で、ピーリング石鹸の中にも敏感肌用に低刺激のものがあるようです。 主な成分は、分子の少ないグリコール酸だといいます。 角質を削り取るのではなく細胞と細胞の結びつきを弱めて古い角質を剥がれやすくするというものです。 酸の強いピーリング石鹸はにきび痕を薄くし、肌の透明感を高め、古い角質がポロポロ取れる点が魅力的です。 デメリットといえるのは、皮膚がヒリヒリする、赤くなり乾燥が進んで肌が荒れる、紫外線の影響を受けやすくなる点でしょう。 ちょうどいい刺激のピーリング石鹸を、脂性肌、普通肌、敏感肌など、それぞれの肌タイプに合わせて選択すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ