美白化粧品の成分

最近人気が高い美白化粧品ですが、美白化粧品に含まれている美白成分とは、果たしてどんなものが使われているのでしょう。 お肌のシミやくすみを薄くする効果がある美白成分には、大きく分けて3つ存在します。 ひとつはメラニン色素の生成を抑えるビタミンCとその誘導体です。 少し高級な美白化粧品にはプラセンタエキスやカミツレエキスなどが含まれています。 抗酸化作用が強い栄養素も、美白に効果があるとして重宝されています。 紫外線が原因となる肌への影響をカットします。 抗酸化力がある栄養素は、前述のビタミンC以外では、ビタミンE、ポリフェノールがあります。 新陳代謝を促進することで、新しく白い肌ができ、しみやくすみの元となるメラニン色素のある皮膚が古くなって体から剥がれていきます。 フルーツ酸はメラニン色素が肌に残らないよう作用すると言われている成分であり、ピーリング化粧品に配合されています。 美白化粧品の中でも肌の新陳代謝を活性化させる成分が含まれたものを利用することで正常に細胞が生まれ変わるといいます。 美白化粧品といっても成分はいろいろです。 自分の肌に合うものと合わないものがあるでしょう。 普段使いの化粧品から美白化粧品に切り替えたところ、肌のコンディションが悪化してしまったという人もいます。 新しく美白化粧品を使うのであれば、まずサンプルを使って使い心地を確認しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ